東京都港区青山発 就業規則で残業代請求対策、問題社員、メンタルヘルスなどのトラブル予防と、人材活用、組織活性化なら渕行政書士社労士事務所

HOME » 就業規則作成の10の約束

就業規則作成の10の約束

就業規則作成のための10の約束!

①初回相談無料

就業規則作成を作ろうと思ったきっかけは何でしょうか?社員が増えてきたから?予防したい問題がある?規則を作ることで何ができるか、一般的な、疑問、質問にお答えしていきたいと思います。納得してからご依頼いただきたい…ですので就業規則作成についてのご相談を無料としております。
※ 個別の労働問題や、トラブル事案の具体的な相談は除きます。

②出張相談もOK

事務所にお越しいただいても良いですし、なかなか時間が取れないと言うことであれば、こちらからご相談にお伺いいたします!

③社長の理念を反映します

就業規則は、会社の憲法のようなもの。その根底に社長の考え方、理念が現われます!これからどんな事業所にしたいですか?社長のお考えをお聞かせください!

④現場を優先します

規則が生きるためには、現状とマッチして、運営しやすいものでなくてはなりません。しっかりヒアリングし、現状に即した規則になるようにいたします。

⑤豪華装丁とCD-Rで納品

豪華装丁に入れ、紙の他にCD-Rもお渡しします。今後の規則変更の際などにお使いください。

⑥説明会も開催します!

規則が完成したら、従業員への周知も必要です。ご要望があれば、従業員説明会も開催し、社員さんの疑問質問にも答えます。

⑦労働基準監督署へ提出

作成したら、労働基準監督署への届出が必要です。提出までこちらで行いますのでご安心ください。

⑧残業代チェックアドバイス

昨今、急激に増えている残業代請求。ウチは関係ない・・・と思っているかもしれません。ただ、実際のところその対策を取れている会社はほとんどありません。36協定も提出していますか?対策するかどうかは別として、現状のリスクを分析してお伝えいたします。

⑨作成後半年は、その規則の改変は無料で行います!

作ってみたければ、あとで急な事案が発生して、こうしておけばよかった・・・、あれを入れておけば良かった・・・ということもあると思います。就業規則納品後半年間は、無料で変更いたします。

⑩作成後1年間、その規則に関する質問は無料!

なるべく分かりやすい言葉で作成しますが、あとで、その解釈や具体的な意味など、疑問がわくこともあるかと思います。当事務所がお作りした規則内容について、納品後1年間は無料で質問をお受けいたします。規則を生きたものにしたい!というのが当事務所の理念です!

お問い合わせはこちら

渕行政書士社労士事務所
代表者 社会保険労務士・行政書士 渕 こずえ
所在地 〒107-0061 東京都港区北青山1-4-1ランジェ青山1006
TEL:03-3470-2050
FAX:03-5454-1238
MAIL:info@happy-roumu.com
営業時間 E-mailは24時間 TELは9時~18時まで 土日祝日休み

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab