東京都港区青山発 就業規則で残業代請求対策、問題社員、メンタルヘルスなどのトラブル予防と、人材活用、組織活性化なら渕行政書士社労士事務所

HOME » 就業規則に関するFAQ » どうして就業規則を作らなくてはいけないの? | STOP問題社員!やる気に報いる就業規則作成オフィス

どうして就業規則を作らなくてはいけないの?

就業規則を作る理由

会社と従業員のトラブルの予防、解決基準

会社は色々な人の集合体です。各自がばらばらの考えで行動しては、業務効率も悪くなり、またトラブルも絶えない状態になります。これを防止するために一定のルールを設けることでトラブル予防と解決の基準になります。

従業員の行動の基準

社会常識だから…と思っていても、各個人ごとにずれがあったりします。その会社、事業内容、業種ごとに守ってほしいルールはそれぞれ異なります。その会社の考えをクリアにしておくことが大切です。

会社の制度の明確化

うちの会社の有給は?慶弔休暇は?休職は?退職金は?従業員にとって知っておきたいこともたくさんあります。これを規則で明確にし、分かるようにして社員の方たちに安心して業務に向き合ってもらいましょう。

お問い合わせはこちら

渕行政書士社労士事務所
代表者 社会保険労務士・行政書士 渕 こずえ
所在地 〒107-0061 東京都港区北青山1-4-1ランジェ青山1006
TEL:03-3470-2050
FAX:03-5454-1238
MAIL:info@happy-roumu.com
営業時間 E-mailは24時間 TELは9時~18時まで 土日祝日休み

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab