東京都港区青山発 就業規則で残業代請求対策、問題社員、メンタルヘルスなどのトラブル予防と、人材活用、組織活性化なら渕行政書士社労士事務所

HOME » 就業規則に関するFAQ » 就業規則はいつ作るのか? | STOP問題社員!やる気に報いる就業規則作成オフィス

就業規則はいつ作るのか?

就業規則の作成時期

就業規則は、労働者が10名以上になると、作成&労働基準監督署に義務が発生します。では10名以下は作らなくて良いのでしょうか?

就業規則の作成は、実は、人数が少ない時期が一番良いです。
もしくは、人が入社する前に、作ってしまうのもおススメです。
そうすれば、入社の際に、うちの規則はこれだから!と、事前に納得して入社してもらえますよね。

就業規則を作成するにあたっては、労働者の意見を聞かなくてはなりません(同意までは不要です)。
人数が多いと、大変です。
少ないうちであれば、説明も、双方の合意も作りやすいのです。

今、10名以下の会社での労働トラブルが大変多くなっています。軌道に乗ってきた、スタッフも少し増えてきた、そんな時期に、どかんとトラブルが発生するケースが多いのです。就業規則がない、特に基準がない、こういう場合は会社が圧倒的に不利になります。・・・のつもりだった・・・が、社員さんに伝わっているとは限りません。
会社の大事な発展の時期のつまづきを防止するため、早めに整備することが大切だと痛感しています。

お問い合わせはこちら

渕行政書士社労士事務所
代表者 社会保険労務士・行政書士 渕 こずえ
所在地 〒107-0061 東京都港区北青山1-4-1ランジェ青山1006
TEL:03-3470-2050
FAX:03-5454-1238
MAIL:info@happy-roumu.com
営業時間 E-mailは24時間 TELは9時~18時まで 土日祝日休み

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab